リンパマッサージ"> 医療法人コスモス会 コスモスクリニック
THE COSMOS CLINIC
スキンケアも大事。カラダケアも大事。カラダの外側からと内側からの治療で、
健康で美しいお肌を手に入れましょう。アンチエイジング・医療レーザー・
美肌だけじゃない美容皮膚科 大阪天六コスモスクリニック
アクセス
医療法人コスモス会 コスモスクリニック フリーダイヤル 0120-4103-68 ご予約・お問い合わせ
お悩みで探す
トップ クリニック紹介 料金表 治療の流れ キャンペーン お客様の声
 
毛穴・にきび
くすみ・しみ・肝斑
くま・しわ・たるみ
乾燥肌・敏感肌・アトピー性皮膚炎
いぼ・ほくろ
メタボリック症候群・その他
治療メニュー
レーザー治療
ビタミン注入
角質ケア
濃厚血小板しわ治療
ディープケア
注入治療
ボトックス治療
点滴
トレチノイン治療
男性型薄毛治療
その他
保険診療
メディカルメイク
グラシュビスタ
眼瞼下垂
コースで探す
初回お勧めセット
毛穴すっきりコース
美白コース
リフトアップコース
検査
がん遺伝子検査 その他
コスモスニュース
体験会・セミナー
メディア掲載
リンク
医療法人コスモス会 facebook
医療法人コスモス会 facebook
検査
お悩みで探す 治療メニュー コースで探す 検査 コスモスニュース
文字サイズ 小 中 大
  がん遺伝子検査 | その他
 
  検査

がん遺伝子検査

癌は生活習慣病です。

実は、「癌細胞」は体内で毎日作られているのですが、
癌細胞を消去する働きがカラダに備わっていて、
癌という塊に育っていかないようにしています。
ただ、「癌の育ちやすいカラダ」になる日常生活をしていると
癌が徐々に育っていきます。

癌が発症してから、手術や抗癌剤の治療など過酷な治療をうけるより、
発症する前から、どのぐらい癌になるリスクがあるか調べておくと、
そこから「癌の育ちにくいカラダ」に方向転換することで、癌を予防することが可能です。
そのほうがカラダの負担は少なくまた、
生活の質(quality of life)もよい状態が保てます。

多段階発がん仮説に基づくモデル図
  がん遺伝子検査とは
親から癌になる遺伝子を受けついているかどうかということではなく、
現在、ご自身のカラダの中の細胞の遺伝子のうち、
癌遺伝子、癌抑制遺伝子などの癌関連遺伝子を検査するものです。
  がん遺伝子検査とは
超早期リスク評価ができます
  画像診断や内視鏡検査では確認できないごく小さながん細胞(5mm以下)でも、がん細胞から血液中に遊離される遺伝子(DNA、RNA)等を解析し、細胞レベルの“ごく小さながん細胞”の存在リスクを評価します。
予防管理
  画像診断や内視鏡検査では確認できない“ごく小さながん細胞”の存在リスク、あるいは遺伝子変異による“発がんリスク”の評価などを継続的に行い、お一人お一人の体質や生活習慣に合った最適な予防管理指導を実現します。
再発防止管理
  画像診断では追跡できない治療後の“ごく小さながん細胞”による“がん再発リスク”を評価します。がん治療後、「がん再発にむかって進行しているか」、「改善されつつあるのか」をリスク評価し、お一人お一人の状態に合った再発防止指導を行います。
安全性
  検査に要するのは約20ml程の血液のみです。他の画像診断のような放射線や電磁波は使用しません。
  検査の流れ
1. 検査の説明
検査の内容を説明いたします。

2.採血
20ml程度の採血をおこないます。

3.遺伝子解析・検査レポート作成
約2〜4週間程かけて採血した血液を検査します。

4.検査結果の説明
検査結果をもとに、発がんリスクや予防管理について説明致します。
  よくあるご質問
 

QUESTION

がん遺伝子検査を受診すれば、一般の画像診断等による「がん検診」は受診する必要が無いのですか?
ANSWER
必要です。
「がん遺伝子検査」は一般の画像診断等による「がん検診」では判断不可能な“超早期発見のがんリスク”を評価し、“がん予防”に有用な情報を補完的に得るものであり、定期的な一般の「がん検診」と合わせて受診することにより、「がんの早期発見、眼リスク段階での予防」をめざすものです。
 

QUESTION

がん遺伝子検査で“リスクあり”と判断された場合は、どうしたらよいですか?
ANSWER
主治医にご相談下さい。
画像診断等の結果とあわせ、予防、経過観察、治療計画などについて主治医の指導をあおぎましょう。
 

QUESTION

がん関連遺伝子とは?
ANSWER
がん関連遺伝子には、正常細胞のがん化を促進する“がん遺伝子”(アクセル)とがんの発生を抑制する“がん抑制遺伝子”(ブレーキ)があります。
  QUESTION がんリスク評価とは?   各リスク段階での健常者とがん患者の割合
  ANSWER 多数のがん関連遺伝子の活性状態などを調べ、現在のからだのがんリスクを総合的に評価するものです。右図のようにリスク段階が高くなるほど、がん患者が含まれる割合が増えます。
 

QUESTION

他のがん検診との違いは?
ANSWER
従来の画像検診では、がんは5mm以上の大きさにならないと見つかりにくいと言われています。
しかし、がんはたった1つのがん細胞が長い年月をかけて増殖し、初めて目に見える大きさになります。
CanTect検査では、その見えない段階をリスクとして可視化します。がんの予防、早期発見には両方の検査をうまく組み合わせて定期的に受診することが効果的です。
がん予防のための対策
生活習慣の改善
禁煙、ストレスの解消、適切な運動、ダイエット、食事、睡眠、サプリメント(抗酸化物質)の摂取など、生活習慣の改善は、がんの予防に効果があります。
免疫療法
日常生活の中で、ストレス、環境、食生活などの要因により発生する活性酸素などで、遺伝子が傷つき、日々がん細胞は作り出されていますが、免疫機能によりがん細胞(異常細胞)の発生・成長を防いでいます。
高濃度ビタミンC点滴療法
ビタミンCによるがん治療は、ノーベル化学賞、平和賞を受賞したライナス・ポーリング博士によって30年も前に提唱されたものです。
検査の料金はこちらをご覧下さい
 
    PAGE TOP

その他

  肥満遺伝子検査
肥満の原因は遺伝子が3割、生活習慣が7割を占めるといわれています。
あなたの基礎代謝や内臓脂肪型か皮下脂肪型などのタイプと
たんぱく質、脂質、炭水化物(糖質)のどれが代謝が低いかがわかります。

3タイプの肥満関連遺伝子を分析します。
1. ADRB3遺伝子(β3アドレナリンレセプター)
2. UCP1遺伝子(脱共役たんぱく質1)
3. ADRB2遺伝子(β2アドレナリンレセプター)

1. ADRB3遺伝子(β3アドレナリンレセプター:リンゴ型)
“インスリン抵抗性”の遺伝子です。
糖分の代謝が低いことから糖分を過剰に摂りすぎるとお腹周りに脂肪が付きやすく、
内臓脂肪型肥満発症の遺伝因子です。
日本人はこの変異型を39%有します。

2. UCP1遺伝子(脱共役たんぱく質1:洋ナシ型)
“熱産生たんぱく”の遺伝子です。
脂肪の代謝が低いことから過剰摂取や低体温症傾向の女性は
とくに下半身に脂肪が付きやすい皮下脂肪型肥満発症の遺伝因子です。
日本人はこの変異型を16%有します(肥満女性の約25%がこのタイプです)。

3. ADRB2遺伝子(β2アドレナリンレセプター:バナナ型)
脂肪分解に関与。基礎代謝を亢進します。
ほっそりとしており、筋肉が付きにくいタイプです。
カロリー消費も大きく普通は≪太らない≫タイプです。
ただ一度太りだすと痩せにくい傾向があります(そのスイッチが入りやすいのは産後です)。
日本人はこの変異型を16%有します。

分析結果には、該当するタイプと、今後の効果的なダイエット方法をアドバイスいたします。

検査の料金はこちらをご覧下さい
  血液検査
血管年齢検査
骨年齢検査
 
PAGE TOP TOP
 
  リクルート サイトマップ プライバシーポリシー
 
       
医療法人コスモス会 フジモト眼科 フジモト整形外科 コスモスクリニック ミルダを見て!診て!みんな健康になるダッ!ミルダストーリー
Copyright (C) THE COSMOS CLINIC. All Rights Reserved.