信じて続けて本当に良かったと思います

M.T様 62歳女性

平成20年3月にほっぺたに発疹が出来て内科を受診しました。
花粉症といわれて、飲み薬や塗り薬を長い間使っていました。
顔が赤くなり、熱があるみたいな感じで、目もはれてしまいました。
頬の毛細血管が目立ち、赤くて気になり、今年になってから、特に気になり、悩んで、すっぴんで表に出れなくなりました。
春ごろに、別の皮膚科に相談に行きましたら、年だから治らないと言われて大変ショックを受けました。

そんなときに、通っていたフジモト眼科で、コスモスクリニックを知り、行ってみようかどうか迷っていました。
知らないところに行くのには、勇気がいり、なかなか決心がつかなかったところ、後押しくれくれましたのが、娘の一言でした。
ビタミンの治療はやったことあるけど良かったよ。
やったほうがいいよって言ってくれました。

コスモスクリニックに来て、ビタミンの治療で薄くなった肌はまた健康な状態に近づけることが出来るし、毛細血管は、レーザーをあてると、減って、赤みも減っていきますよと、勧められました。
年だから治らないといわれていたのが、治るならと思い、受けてみることにしました。
初めてビタミンのパックをしたときは、良かったのですが、その後、赤みが出てきました。

ビタミンの働きでお肌が活性化されているので、良くなっていく過程とは聞いていましたが、いつまで続くのか、ホントに良くなるのか不安でした。
そのあと、だんだん赤みもかゆみもなくなって、しっとりしてきました。

不安だったので、電話でお尋ねしたり、しましたが、大丈夫ですよと、赤くなっている理由をお聞きして、信じて続けて本当に良かったと思います。
レーザーで焼いてもらって、毛細血管も減り、お肌がしっとりして、ハリも出て、色も白くなって来ました。
目が悪くても見えていた毛穴も、キレイになってきているのが良くわかります。
同じように悩んでおられる方がいらっしゃったら、お奨めしたいです。

いくら年をとっても女なので、キレイなほうがいいし、キレイに年をとって行きたいです。
キレイになると、気持ちがすごくうれしいし、楽しくなります。
お肌のことで悩んでいると、気持ちも落ち込み、外へ出たくなくなります。
今はすごくうれしい気持ちで、すっぴんでも外へ出れます。