テクニスマルチフォーカル

テクニスマルチフォーカルとは

テクニスマルチフォーカルは遠距離・中距離・近距離といった、患者様の日常生活に合わせて焦点を調節が可能な多焦点眼内レンズです。 白内障手術後のコンタクトや眼鏡の依存を軽減するために、テクニスマルチフォーカルは、近距離~中距離(33cm、42cm、50cm)で焦点を合わせる事が可能なレンズです。
テクニスマルチフォーカル

テクニスマルチフォーカルの種類

テクニス®マルチフォーカルIOL+2.75D
テクニス®マルチフォーカルIOL+2.75D テクニス®マルチフォーカルIOL+2.75Dは、ショッピングやゴルフなどの中距離視力(50cm)の活動を主として行う患者さんに最適化された多焦点眼内レンズとなります。
テクニス®マルチフォーカルIOL+3.25D
テクニス®マルチフォーカルIOL+2.75D テクニス®マルチフォーカルIOL+3.25Dは、読書や料理、パソコン操作などの距離(42cm)の活動を主として行う患者さんに最適化された多焦点眼内レンズとなります。
テクニス®マルチフォーカルIOL+4.0D
テクニス®マルチフォーカルIOL+4.0D テクニス®マルチフォーカルIOL+3.25Dは、読書や料理、パソコン操作などの距離(42cm)の活動を主として行う患者さんに最適化された多焦点眼内レンズとなります。

テクニスマルチフォーカルの特徴

  • 白内障手術後の眼鏡、コンタクトの依存度の軽減
  • 手術後6ヶ月に眼鏡無しで快適に生活できているかを調べた調査では、近方・中間・遠方で80~90%の方が満足と答えており、平均が90%を超えているという結果が出ています。
  • ハロー、グレアが少ない
  • グレアが気にならない・あまり気にならない方は約95%、ハローが気にならない・あまり気にならない方は約90%という結果が出ています。