CMC
医療法人コスモス会 フジモト眼科 眼科専門医による安心のレーシック・永久コンタクトICL手術、白内障手術、
多焦点眼内レンズなら大阪天六のフジモト眼科です。
施術メニュー
トップページ
当院について
施術メニュー
費用について
よくある質問
ご予約
お問い合わせ
→ ENGLISH Page
LASIK手術
白内障手術
老眼手術(多焦点眼内レンズ)
アドオン多焦点 眼内レンズ
緑内障手術
まぶた手術
オルソケラトロジー(ナイトレンズ)
永久コンタクトIOL
コンタクトレンズ
抗VEGF抗体治療
グラッシュビスタ
マイオピン
点滴バイキング
症状別に見る
近視近視・乱視・遠視・老眼
視界がぼやける・かすむ
眼痛・頭痛・吐き気
視野が狭い
ものもらい・目イボ
逆まつげ
瞼が垂れる・開きにくい
目やにが出る
ドライアイ
目がかゆい・充血
診察のご予約
無料説明会のご予約
フリーダイヤル0120-0419-86
資料請求(無料)
オルソためそ。
安心レーシック
眼内コンタクトレンズICL治療
ミルダを見て!診て!みんな健康になるダッ!ミルダストーリー
医療法人コスモス会 facebook
LASIK手術 白内障手術 老眼手術(多焦点眼内レンズ) アドオン多焦点眼内レンズ 緑内障手術 まぶた手術 オルソケラトロジー(ナイトレンズ) フェイキックIOL
コンタクトレンズ 抗VEGF抗体治療 グラッシュビスタ マイオピン 点滴バイキング 手術実積  
 
オルソケラトロジーについて適応基準治療の流れ
 
 資料請求はこちら 
 
 
オルソケラトロジーについて
オルソケラトロジーとは、中度の近視と軽度の乱視の方に就寝時にオルソケラトロジー(OKレンズ)を装用させ、起床後にはずすことで角膜のカーブを平坦化させ一日中視力を回復させる、手術をしない画期的な近視・乱視矯正法です。
このOKレンズを用いて治療すれば、数日から1週間で効果が現れ、1ヶ月から3ヶ月で90%前後の患者様の目標の視力を回復することができます。

【OKレンズの形状】

オルソケラトロジーについて
 
特徴
手術は不要
近視の進行が予防できる
日中、メガネやコンタクトレンズなしでスポーツも勉強も仕事も可能になる
中度の近視と軽度の乱視の方のみ
OKレンズ装用を中止すると元の視力に戻る

  ページトップへ
 
オルソケラトロジー適応基準
近視度数−4D以下、直乱視度数−1.5D以下、倒乱視度数−0.75D以下の方
角膜曲率が41D以上48D以下の場合
円錐角膜、重症のドライアイは不適応
瞳孔径が大きすぎる場合は、グレア−が増加するため(まぶしく感じる)注意が必要
子供(6歳以上)から大人まで適応がある(年齢が若いほど効果が大きい)

※OKレンズ処方は、完全予約制で適応検査や処方に約2時間はかかります。
  ページトップへ
 
治療の流れ
適応検査(1日目) 装用テスト(2日目) トライアルレンズ貸し出し 検診(1週間後) レンズのオーダー
 
1適応検査(1日目)

オルソケラトロジー治療が可能かどうかの検査をします。
【コンタクトレンズをご使用の方へのご注意】
ソフト:
適応検査の1週間前から
ハード:適応検査の2週間から
一旦コンタクト使用を休止して頂きます。

 
2装用テスト(2日目)
トライアルレンズの試験装用を行います。
 
3トライアルレンズ貸出
試験装用で問題がなければ、トライアルレンズを1週間貸し出します。
 
4検診(1週間後)
トライアル期間後、検査・診察をします。
 
5レンズのオーダー
検査・診察後、治療を続けて希望される場合は必要書類を提出していただき、レンズのオーダーとなります。
 
 
※オルソケラトロジーの詳細については、詳しい資料もご用意しております。
 
 資料請求はこちら 
トップ ページトップへ
    求人情報 | リンク | サイトマップ | プライバシーポリシー
     
 
医療法人コスモス会 フジモト眼科 フジモト整形外科 美容皮膚科・アンチエイジング コスモスクリニック
  Copyright (C) THE FUJIMOTO EYE CLINIC. All Rights Reserved.
   
文字サイズ
小 中 大
求人情報
フジモト眼科レーシック
無料説明会
資料請求・お問い合わせ
眼の未病・予防 Q&Aシリーズ