理念・院長紹介・スタッフ紹介

理念とビジョン

患者さまのより一層の喜びのために

患者さまのより一層の喜びのために私たちは患者さまの癒しに貢献できることに喜びをもって医療に取り組むとともに、
患者さまのより一層の喜びのために、すべてのスタッフが全国的に評価される水準を目指します。

1.患者さま主体の医療

術後のアフターフォロー・保証制度、感染症予防の取り組みはもちろんのこと、インフォームド・コンセント(説明と同意)の充実(担当医やナース、カウンセラーがお話しいたします)や患者様に納得・安心していただくためにお一人お一人の疑問や質問にお応えするパーソナルカウンセリングを行っており、患者様お一人お一人の視点にたった患者様主体の医療をモットーにしております。

2.最善の治療の提供

眼科専門医と内科専門医(他施設)の連携により、糖尿病などの相互治療の確立をしております。また疾患によっては手術治療ではなく、薬剤や漢方治療を優先しております。フジモト眼科では眼科医療の枠組にとらわれず、アンチエイジング、予防医学、東洋医学など全身的な視野で医療に取り組み、患者様お一人お一人にあった最善の治療の提供をいたします。

3.最新医療の導入

フジモト眼科では1年に数回国内外で学会発表を行っております。積極的に最新医療を学び、患者様によりよい医療を提供いたします。

眼科専門医によるトータルケア

カウンセリングから術後のアフターケアまで、眼科専門医と担当のスタッフが患者様を一貫してサポートいたします。

眼科専門医によるトータルケア

1.カウンセリングポリシー

患者様に納得・安心していただくために、診察後に手術担当のカウンセリングスタッフがお一人お一人の疑問や質問にお応えし、治療内容の丁寧な説明と、治療後のシミュレーションをいたします。お一人お一人に合った治療内容を選択肢の中から最適な治療を決定します。疾患によっては手術治療ではなく、薬剤や漢方治療を優先いたします。

2.基礎検査と高度な精密検査機器を用いた特殊検査

眼科専門医による基礎検査を行っております。(視力、両眼視機能、眼圧、角膜のカーブ、角膜内皮、角膜の厚み、眼底網膜、視野、涙液量、血液検査、網膜や視神経の厚み測定(OCT)等)

3.手術治療後の生涯にわたる定期検診

術後の定期検診で、術後のアフターケアも万全です。術後の経過を、翌日、1週間、1ヶ月、3ヶ月、半年、1年間毎に検診いたします。

4手術治療後の戻りなどは生涯無料で再治療

フジモト眼科では、レーシック術後の近視の戻りは、生涯無料で再治療を行っております。
(※一部手術材料費の負担がございます)

ごあいさつ 院長 藤本可芳子

大学病院レベルの最新設備、最善の医療をお届けしたい

ごあいさつ 院長 藤本可芳子フジモト眼科は、患者さまの癒しに貢献できることに喜びをもって医療に取り組むとともに、患者さまのより一層の喜びのために、すべてのスタッフが全国的に評価される水準を目指します。
小さなお子様からお年寄りの方まで、お一人お一人に対して、わかりやすく丁寧な診療を心がけ、地域医療に貢献できるよう努めて参ります。目について少しでも気になる事がありましたら、お気軽にご来院、ご相談ください。
すべての手術は日帰りで行っております。

医師を目指したきっかけ

幼少から病院にかかる機会が多く、医師に診察をしてもらい、看護士にギブスや包帯を巻いてもらっているうちに、漠然と人の役に立つ仕事がしたいと思うようになりました。その後、医者になろうとはっきりと志したのは、中学生の頃に祖母が亡くなったことがきっかけです。初めて身近な人を失ったショックは大きく、子どもであったため専門知識がなく祖母の病気に対して何もできない事に悔しさを感じました。
そのころから時代とともに変化する医療の専門知識を身につけ、最新の医療を提供することで、病気の患者様の悩みを解消し、病を克服するお手伝いをしたいと思うようになりました。

眼科専門医を目指した理由

昔から手先が器用であったことと、モノの仕組みや構造を把握し、より良い方法を考えて作り上げることが好きでした。医者としてそれを生かすことを考えた時に、眼科と形成外科いう選択肢があがりました。
当時、私が医師になる時、ちょうど、眼科ではマイクロサージェリーというマイクロスコープを見ながら、眼球内の非常に微細な部分を手術できるようになった時代であり、物事を追求することが好きであった私は、この分野を追求したいと思うようになりました。そして有り難い事に私の通う大学には世界的権威の先生がいらっしゃり、眼科専門医になる決意をしました。 また大学病院だけでなく、国内外の各学会や他施設での手術見学をすることで新しい手術方法を吸収し、実際に手術を行うことで新たな手術手技を生み出したり、手術時間を短くすることで患者様の負担を減らすよう努めたり、最新の技術を学ぶことは、今でも絶えず行っており、疾患や手術によっては各分野の権威の施設へ紹介したり、専門医師に来院して頂いたりして最善の治療をしております。

医療に対する想い

医療は、数年前まで治せなかった病気が現在は治癒できるなど、日進月歩の世界です。その中で最新の知識と設備を揃えることで、ひとつでも多くの病気を、ひとりでも多くの患者様を治したいと考えています。
そのために日本と世界の眼科学会に院長のみならず、病院スタッフも参加することで、フジモト眼科全体の知識向上に励んでいます。また日々多種の病状のデータを取り、分析し、学会で積極的に発表することで、フィードバックし、治療成績の向上や眼科医療界の発展に貢献したいと思います。

資格

眼科専門医、医学博士、抗加齢医学会専門医 、日本白内障屈折矯正手術学会代議員

略歴
1961年 大阪生まれ、北野高校(1980卒)、関西医大(1987卒)
1993年 フジモト眼科開設
1999年 医学博士を取得
2000年 10月 レーシックを始める
2001年 6月 オルソケラトロジーを始める
2002年 以降、多焦点眼内レンズを用い、白内障と同時に老視の治療にも力を注ぐ
2003年 眼瞼下垂手術を始める
12月 メディカルオリコンランキング 関西版 眼科1位に選ばれる
2005年 眼内コンタクトICLを始める
施設を移転する
2006年 8月 抗加齢医学会専門医取得
アンチエイジング、予防医学、東洋医学など全身的な視野で医療に取り組む
2007年 CO2レーザーによる眼瞼下垂手術を始める
2013年 10月~ アメリカより導入した痛みのないメディカルメイク開始
2014年 10月~ グラッシュビスタ(睫毛治療)開始
2019年 IPLレーザー開始
2021年 クロスリンギング治療開始

手術実績

多焦点眼内レンズ手術は白内障の35%以上
ICL手術…約200件/年
レーシック手術 … 約100件/年
白内障など眼内手術 … 約800件/年
眼瞼下垂など眼外手術 … 約400件/年
網膜硝子体手術 約70件/年
年間手術実績 約1800件

所属学会

  • 日本眼科手術学会
  • 日本角膜学会
  • 日本コンタクトレンズ学会
  • 国際屈折矯正手術学会
  • 日本美容外科医師会
  • 日本眼内レンズ屈折矯正手術学会
  • アメリカ眼内レンズ屈折矯正手術学会
  • ヨーロッパ眼内レンズ屈折矯正手術学会
  • 抗加齢医学学会
  • 日本緑内障学会
  • 国際抗老化再生医療学会

スタッフ紹介

フジモト眼科では常に最新の設備と知識で患者さまにとってベストな治療をすることをモットーにしています。そのために、ドクター・ナースのみならずスタッフも学会に出席し、医学誌を用いて知識を蓄え、月に1度勉強会を開くなど日々向上に努めています。また知識ばかりではなく、接遇講習を受け、患者さま目線に立って院内環境を整えることで患者さまが安心して治療を受けて頂けるよう心がけています。

  • 専門知識の共有、定期勉強会をしております
  • 高いホスピタリティで患者様に接します

天六本院 副院長 
大澤 秀也 (眼科専門医)天六本院 副院長 大澤 秀也 (眼科専門医)

略歴
1992年 京都府立医科大学卒
国立舞鶴病院
済生会中津病院
京都第二赤十字病院
Schepens Eye Research Insticute(U.S.A)、
藤枝市立総合病院
吉川眼科病院
2016年 フジモト眼科天六本院副院長就任
資格

眼科専門医

美容外科顧問 有年一真美容外科顧問 有年一真

略歴
2001年 国立鳥取大学医学部卒業
鳥取赤十字病院ICU、麻酔科にて全身管理を専攻。
大手美容外科東京院にて形成外科、美容外科の研鑽。
日本全国規模で美容外科の診療を行う。
2006年 芦屋アイクリニック(美容外科・形成外科)を開設、院長就任
2019年 ステラ美容クリニック(美容外科・形成外科)を開設、院長就任
資格

眼科専門医
日本美容外科学会(JSAS)専門医
厚生省認可麻酔科標榜医
日本医師会認定産業医

所属学会

日本美容外科学会正会員
日本美容外科医師会正会員
日本麻酔科学会正会員

網膜硝子体手術担当 西村哲哉 (眼科専門医)

略歴

竹内篤

中井慶

宮田信之 (眼科専門医、形成外科専門医)

テレビ/スーパードクターでも取材

ドクター&ナース紹介

宮本孝子医師(愛知医科大学卒)
入江医師(大阪医科大学卒)
宇田千晶医師(関西医科大学卒)
澤井克彦 医師 (大阪市立大学卒、麻酔担当)
谷口良久 医師 (京都大学卒、麻酔担当)

手術担当ナース

福島

外来担当ナース

多田、立花、坂本、深見

オペ室助手

藤井、文原

ORT(視能訓練士)

5~7名

受付

5~8名

SYMBOL AND SLOGAN
医療法人コスモス会の
シンボルマークとスローガン

医療法人コスモス会のシンボルマークとスローガン円の配列は、宇宙(コスモス)や星、惑星を表現しており、医療法人コスモス会の一つ一つの取り組みを表しております。
頭文字の中には、医療の象徴である十字を表現しています。
「健康長寿、さらに美しく」をスローガンに掲げ、外見だけでなく内面から美しく健康な毎日をサポートいたします。医療法人コスモス会は皆様がより健康で、より永く幸せな人生を楽しんでいただくことを願っております。