マイオピン(近視抑制治療)

【マイオピン(近視抑制治療)は天六本院・天王寺MIO分院・ルクア大阪分院すべて対応可能です】

子供の近視の進行を抑える目薬(マイオピン:近視抑制治療)

子供の近視の進行を抑える目薬(マイオピン:近視抑制治療)近視の進行を抑えるために、いくつかの試みが報告されています。 当院では、アトロピンというお薬を一日一回点眼することによって、近視の進行を抑制する治療を行っております。
※シンガポール国立大学の診療試験で、0.01 アトロピンの近視抑制効果が証明されました。(Ophthalmology 2012;119(2):347-54)
※従来のミドリンM点眼治療は、短時間の効果しかないため、日中の調節コントロールができませんでした。
日本でも7大学※で臨床研究が始まりました。
※ 旭川医科大学、大阪大学、川崎医科大学、京都府立医科大学、慶応大学、筑波大学、日本医科大学

マイオピン(近視抑制治療)の
対象となる方

  • 軽度または中等度の近視の方
  • 4歳~12歳の学童の方
    (12歳以降も持続して治療される方もおられます。)

マイオピン(近視抑制治療)の
特徴

  • 毎日1回点眼するだけの簡便な治療
  • 副作用がほぼない
  • 近視の進行を平均60%軽減(※全く進行しないものではありません)
  • 眼の遠近調節機能(手もとを見る作業)への影響がほぼない
  • 日中の光の眩しさにほぼ影響がない(サングラスも不要)
  • GMP (医薬品製造管理および品質管理基準) に準拠した工場で製造
  • 少なくとも2年間は継続して使用することが推奨されている

マイオピン(近視抑制治療)の
効果

眼軸長の伸びを抑え、近視の進行を抑制します。 平均60%、近視の進行を抑制することが分かっています。

マイオピン(近視抑制治療)の
費用

点眼薬は保険適応外となります。

0.01%オルソケラトロジー治療中の患者様 2,550円/本(税込)
0.01%上記以外の患者様 3,050円/本(税込)
0.025%オルソケラトロジー治療中の患者様 3,000円/本(税込)
0.025%上記以外の患者様 3,500円/本(税込)

マイオピン(近視抑制治療)の
流れ

1初診・治療開始

初診・治療開始問診、検査の上診断し、ご同意が得られればマイオピンを処方し、治療を開始します。
点眼は、1日1回、就寝前に行います。

2再診

再診治療開始から約1ヵ月後、再診を行います。
効果、眼の状態、使用状況に問題がないことを確認します。

3定期検査

定期検査再診で問題がなければ、3ヵ月ごとの定期検診へと移行します。
マイオピンは、2年以上の使用が推奨されています。

マイオピンの使い方

1日1回、就寝前に、1滴点眼します。もし点眼を忘れてしまったときには、その回を飛ばし、翌日の夜の就寝前に再開します。(瞳孔が広がる作用があり、日中に使用すると眩しさを感じるため)
※点眼薬1本で約1カ月使用できます。
※3ヶ月毎の診察・検査を受けるようにしましょう。

マイオピン(近視抑制治療)
治療後の注意事項

  • 治療開始からしばらくは、起床後にお子様の瞳孔が開いていないか確認してあげてください。瞳孔が開いていた場合、点眼のタイミングを早める(就寝前ではなく夕食後にする等)が必要になることがあります。なお、瞳孔が開いているとしばらくのあいだ眩しさを感じやすくなりますが、通常は問題なく生活していただけます。
  • 点眼薬は、たとえ家族であっても、絶対に共用しないでください。
  • 点眼薬を開栓し、1カ月間使用したら、少量残っていたとしても必ず破棄してください。
  • 異常を感じたときには、すぐに使用を中止し、当院までご連絡ください。

マイオピン(近視抑制治療)治療のリスク・副作用

  • 日中に眩しさを感じやすくなり、見えにくさが生じることがある。
  • 眼のかゆみ、赤み
  • 動悸
  • のどが渇く

上記のような副作用が報告されていますが、眩しさや見えにくさは、就寝前に点眼をするものですので、必然的に防がれることになります。また他の副作用についても、ごく稀なものとなっています。

マイオピン(近視抑制治療)治療Q&A

治療期間はどれくらい必要ですか?

少なくとも2年間は継続して治療することが望ましいとされています。

視力が回復するのでしょうか?

マイオピンは、あくまで近視の進行を抑制する治療ですので、視力が回復するわけではありません。また近視もまったく進行しないものではなく、その効果は約60%だと言われています。

眼鏡やコンタクトを装用していますが、治療を受けられますか?

はい、可能です。コンタクトレンズを外してから点眼すれば、治療は可能です。眼鏡も、使用の制限はありません。

身体への影響、副作用などはありますか?

身体への影響については、現在のところ確認されていません。
目の代表的な副作用は、点眼後6~8時間の眩しさ、見えにくさです。ただこれは、就寝前に点眼を行うことで必然的に防がれます。その他、眼の痒み、赤み、動悸、のどの渇きなどの副作用が報告されています。

13歳以上の場合、治療は受けられませんか?

対象が「6~12歳」となっているのは、これが近視の進行が著しい時期にあたるためです。それ以上・以下の年齢で効果がないわけではありません。ご希望であれば、治療は可能です。

保険適用の治療ですか?

いいえ、現在のところ保険適用外です。今後、保険適用となる可能性はありますが、それがいつになるかは分かりません。

一番上に戻る
天六本院 ご予約・お問い合わせはこちら天六本院 ご予約・お問い合わせはこちら 天王寺MIO分院 ご予約・お問い合わせはこちら天王寺MIO分院 ご予約・お問い合わせはこちら ルクア大阪分院 ご予約・お問い合わせはこちらルクア大阪分院 ご予約・お問い合わせはこちら