CMC
医療法人コスモス会 フジモト眼科 眼科専門医による安心のレーシック・永久コンタクトICL手術、白内障手術、
多焦点眼内レンズなら大阪天六のフジモト眼科です。
施術メニュー
トップページ
当院について
施術メニュー
費用について
よくある質問
ご予約
お問い合わせ
→ ENGLISH Page
LASIK手術
白内障手術
老眼手術(多焦点眼内レンズ)
アドオン多焦点 眼内レンズ
緑内障手術
まぶた手術
オルソケラトロジー(ナイトレンズ)
永久コンタクトIOL
コンタクトレンズ
抗VEGF抗体治療
グラッシュビスタ
マイオピン
点滴バイキング
症状別に見る
近視近視・乱視・遠視・老眼
視界がぼやける・かすむ
眼痛・頭痛・吐き気
視野が狭い
ものもらい・目イボ
逆まつげ
瞼が垂れる・開きにくい
目やにが出る
ドライアイ
目がかゆい・充血
診察のご予約
無料説明会のご予約
フリーダイヤル0120-0419-86
資料請求(無料)
オルソためそ。
安心レーシック
眼内コンタクトレンズICL治療
ミルダを見て!診て!みんな健康になるダッ!ミルダストーリー
医療法人コスモス会 facebook
LASIK手術 白内障手術 老眼手術(多焦点眼内レンズ) アドオン多焦点眼内レンズ 緑内障手術 まぶた手術 オルソケラトロジー(ナイトレンズ) フェイキックIOL
コンタクトレンズ 抗VEGF抗体治療 グラッシュビスタ マイオピン 点滴バイキング 手術実積  
 
永久コンタクトICL 永久コンタクトICLの種類(後房型・前房型)ライセンスを所持した認定医師が手術します治療の流れ
 
  
 
 
永久コンタクトICL

永久コンタクトICL=水晶体を取り除かずに挿入する眼内レンズ

永久コンタクトICLとは眼内レンズのことで、通常白内障手術のときに除去して、濁った水晶体の変わりに、眼内にいれる人工レンズのことです。

白内障手術は水晶体が濁って、視力が低下した場合、視力を回復させる手術で、お一人ずつ度数を計算し、その方に適した眼内レンズを挿入し、近視や遠視も治すことができます。通常の眼内レンズは、単焦点レンズなので、遠方か近方かどちらかにしかピントが合いません。
フェイキックの意味は「眼内レンズのようなもの」という意味で、白内障手術を行わずに、水晶体を除去せずに眼内レンズを挿入する、有水晶体眼内レンズ手術です。(ICLとも呼ばれます)
米国のFDAは2005年12月にIOLの承認をし、カナダでは2001年、韓国では、2002年4月に各政府より承認を受けており、40,000件以上の実績があります。

 
利点
LASIKとは異なり、角膜の厚みや強度近視・乱視にかかわらず、完全矯正が可能です。
LASIKの場合には、高度近視など矯正量の多い方ではグレア―、ハローなど夜間の視力の質に影響がみられる事もあります。しかし永久コンタクトICLは角膜を全く切除しないので、見え方の質が良好です。
視力は手術直後から回復します。
水晶体を取らずに残せるためご自身の調節力が保たれ、レンズを除去することにより手術前の状態に戻すことも可能です。
角膜表面を削らないので、強度近視のレーザー治療で出現する収差も増加せず、47〜50歳以上の老眼年齢になるまで、質の高い視力状態でとても自然な見え方が得られます。(-6D以上の強度近視になると、レーシックで角膜を削ると収差が増加するといわれており、当院では-6D以上の患者様にはレーシックではなく、ICLをお勧めしております)
角膜表面を切除しないため、術後ドライアイになりにくいです。
 
欠点
欧米ではLASIKと同じように普及しつつありますが、日本国内ではまだ新しい手術方法で、一部のライセンスを取得した、眼科専門医にしか行えない手術です。(フジモト眼科では手術可能です)
安定していない近視の方、 眼内に炎症がある方、前房(角膜〜虹彩の間)が浅い方は手術を受けられないことがあります。
健康保険不適応のため治療費(自費)が高い
  ページトップへ
 
永久コンタクトICLの種類
当院では、欧米でも術後成績の良好なStaar Surgical社製IOLを用いております。他施設で用いられている、アルチザンタイプの虹彩にフックで引っかけるタイプは、眼内(前房内)に落下する危険や、慢性の虹彩炎を起こす危険性があるため、当院では用いておりません。 当院使用の後房型は、前房型の永久コンタクトICLと比べ、術後虹彩炎や白内障発現率が低く、落下する危険性もまずありません。

現在は最も新しく安全なホール付ICLを用いています。
(術前の虹彩切除は不要です)

▼ 眼内コンタクトレンズ治療につきまして





  ページトップへ
 
ライセンスを所持した認定医師が手術します
永久コンタクトICLの手術は、国内での一般眼科手術の良好な実績と、海外または国内研修を終え、認定インストラクターに認められた、ごく一部のライセンスを所持した総院長・藤本可芳子が、手術を担当致します。
  ページトップへ
 
治療の流れ
検査・カウンセリング 点眼麻酔 切開 ヒアルロン酸を入れる フェイキックIOLの挿入 眼内洗浄 手術終了 手術後の診察
 
1検査・カウンセリング
初診はいつでも受け付けますが、術前検査は予約制になっております。
詳しい検査を行いますので、1時間半程度要します。採血検査も行います。
 
2点眼麻酔
麻酔は目薬をさす要領(点眼麻酔)と同じ。麻酔の注射をしないため痛みがなく安全です。
心地よいBGMを聴きながら手術を受けていただきます。
 
3切開
耳側の角膜周辺部を3mmだけ切開します。痛みは感じません。
 
4ヒアルロン酸を入れる
切開部分からヒアルロン酸を入れます。
 
5フェイキックIOLの挿入
眼内レンズを挿入した後、傷口は小さいので自然に閉鎮します。傷口を縫う必要はありません。
 
6眼内洗浄
閉鎮後、眼内を洗浄します。
 
7手術終了
当院では入院は不要です。手術後10〜15分で帰宅できます。 手術が終わったら翌日から眼帯なしで普段の生活に。 (洗顔、洗髪、化粧は通常7日目から可能。念のため医師の許可が必要です。) 翌日の診療後は車の運転もできます。(手術後、片眼とのバランスを確認してください)
術前 術後
術前(散瞳時)   術後(縮瞳時)
 
8手術後の診察
手術後の診察が必要です。(翌日、3日目、1週間後、1ヶ月後、2ヶ月後、3ヶ月後)
術後視力は他に眼疾患がない場合、ほぼ100%回復します。
手術後は、ご希望の見え方にすることが可能です。
 
 
  
トップ ページトップへ
    求人情報 | リンク | サイトマップ | プライバシーポリシー
     
 
医療法人コスモス会 フジモト眼科 フジモト整形外科 美容皮膚科・アンチエイジング コスモスクリニック
  Copyright (C) THE FUJIMOTO EYE CLINIC. All Rights Reserved.
   
文字サイズ
小 中 大
求人情報
フジモト眼科レーシック
無料説明会
資料請求・お問い合わせ
眼の未病・予防 Q&Aシリーズ