CMC
医療法人コスモス会 フジモト眼科 眼科専門医による安心のレーシック・永久コンタクトICL手術、白内障手術、
多焦点眼内レンズなら大阪天六のフジモト眼科です。
施術メニュー
トップページ
当院について
施術メニュー
費用について
よくある質問
ご予約
お問い合わせ
→ ENGLISH Page
LASIK手術
白内障手術
老眼手術(多焦点眼内レンズ)
アドオン多焦点 眼内レンズ
緑内障手術
まぶた手術
オルソケラトロジー(ナイトレンズ)
永久コンタクトIOL
コンタクトレンズ
抗VEGF抗体治療
グラッシュビスタ
マイオピン
点滴バイキング
症状別に見る
近視近視・乱視・遠視・老眼
視界がぼやける・かすむ
眼痛・頭痛・吐き気
視野が狭い
ものもらい・目イボ
逆まつげ
瞼が垂れる・開きにくい
目やにが出る
ドライアイ
目がかゆい・充血
診察のご予約
無料説明会のご予約
フリーダイヤル0120-0419-86
資料請求(無料)
オルソためそ。
安心レーシック
眼内コンタクトレンズICL治療
ミルダを見て!診て!みんな健康になるダッ!ミルダストーリー
医療法人コスモス会 facebook
LASIK手術 白内障手術 老眼手術(多焦点眼内レンズ) アドオン多焦点眼内レンズ 緑内障手術 まぶた手術 オルソケラトロジー(ナイトレンズ) フェイキックIOL
コンタクトレンズ 抗VEGF抗体治療 グラッシュビスタ マイオピン 点滴バイキング 手術実積  
 
緑内障手術について緑内障とは治療の流れ
 
  手術室
 
 
緑内障手術について
点眼などの薬物療法から始めますが、不十分な場合や、継続困難な場合には、レーザー治療や手術を施行します。眼の中の水(房水)が上手く流れるように、通路、出口を拡げ、新しい通路を作る手術です。
当院では、日帰りで緑内障手術を行っております。場合によっては、白内障手術と同時に行うこともあり、患者さまの心身の負担を減らすように考えております。視神経は一度障害されると回復しないので、視野の完全な回復は無理ですが、点眼、内服、レーザー光線、手術で眼圧を下げます。
最近では、皇后様がレーザー治療を受けられ、マスコミでも取り上げられたので、認識は高くなっているようです。現在は、治療薬がたくさん開発され、手術を受ける割合が減ってきました。
  
SLTレーザー SLTレーザー治療
平成17年2月より新しく設置したSLT(Selective Laser Trabeculo plasty)レーザー治療は、全く痛みなく3分程で終了し、眼圧を下げる効果があり注目されている治療です。

 
トラベクレクトミー(繊維柱帯切除術)

目詰まりを起こし、房水が流れにくくなっている線維柱帯を切除する手術です。

SLTレーザー       1.結膜を切開して結膜を剥離して、強膜弁を作成します。
         
SLTレーザー       2.術後の瘢痕形成を抑制するために、濾過部位にマイトマイシンCを塗布して、数分後生理食塩水で洗い流します。
         
SLTレーザー   SLTレーザー   3.強膜弁下の輪部深層組織を切除し、周辺虹彩を切除します。
         
SLTレーザー   SLTレーザー   4.最後に強膜弁、結膜を縫合します。術後の房水の排出経路はこのようになります。
         

手術後の注意点
眼圧が安定するまで、日数を要します。
眼圧が低い場合、1週間程度、圧迫眼帯が必要となる場合があります。

予想される有害事象 (詳細については、お尋ねください)
この手術を行うことにより、大変稀ですが、次のような有害事象が起こることがあります。
前房出血、低眼圧、浅前房、前房消失、テノン嚢胞、テノン嚢胞の線維化、
角膜障害、濾過胞障害(濾過胞漏出、濾過胞被包、濾過胞線維化、濾過胞肉芽腫、濾過胞の感覚異常)、白内障、脈絡膜障害(脈絡膜滲出、脈絡膜出血、 脈絡膜剥離)、結膜障害(結膜びらん)、眼痛、頭痛、視力低下、
手術部位の瘢痕化、虹彩色素脱失、硝子体出血、低眼圧による黄斑症、 眼圧上昇、眼内炎 など

 
トラベクロトミー(繊維柱帯切開術)

目詰まりを起こし、房水が流れにくくなっている線維柱帯を切開する手術です。

SLTレーザー   1.結膜を切開して結膜を剥離して、強膜弁を作成します。
     
SLTレーザー   2.シュレム管の外壁を切除して、トラベクロトームを挿入します。
     
SLTレーザー   3.そして、左右2本のトラベクロトームを角膜中央に向かって回転させます。
     
SLTレーザー   4.最後に強膜弁、結膜を縫合します。
         

手術後の注意点
前房出血(1〜2週間)が起こることがあります。
安静時・就寝時は出血が引くまで頭を高く(45度)して下さい。
眼圧が安定するまで、日数を要します。
眼圧上昇時、眼痛や頭痛、吐き気などを起こすことがあります。

予想される有害事象 (詳細については、お尋ねください)
この手術を行うことにより、大変稀ですが、次のような有害事象が起こることがあります。
前房出血、眼圧上昇、浅前房、前房消失、テノン嚢胞、テノン嚢胞の線維化、角膜障害、濾過胞障害(濾過胞漏出、濾過胞被包、濾過胞線維化、濾過胞肉芽腫、濾過胞の感覚異常)、白内障、低眼圧、低眼圧による黄斑症、
脈絡膜障害(脈絡膜滲出、脈絡膜出血、脈絡膜剥離)、結膜障害(結膜びらん)、
眼痛、頭痛、視力低下、手術部位の瘢痕化、虹彩色素脱失、硝子体出血、
眼内炎 など

 
緑内障インプラント手術

緑内障インプラント医療機器の使用目的
この緑内障インプラントは「アルコン® エクスプレス®緑内障フィルトレーションデバイス」と言い、下記のような形状をしたステンレス製の手術機器です。


SLTレーザー  

全長:2.6mm
管外径:380μm

SLTレーザー    

この手術機器を眼内に挿入し、人工的に房水(目の中の液体)を目の外に排出することで、眼圧を下げ、視神経障害の進行を止める、あるいは遅らせる効果があります。

SLTレーザー

この緑内障インプラント手術機器は、眼圧を下げるための緑内障のお薬やレーザー治療などの治療法でも十分に眼圧が下がらない場合に使用します。すでにヨーロッパ、アメリカ、カナダ、オーストラリアなどでも発売されており、現在までに延べ8万件以上の手術に使用されており、従来の緑内障手術と同等の眼圧下降効果や、手術に伴う合併症が少なくなる、術後早期の視力回復が得られることなどが海外で報告されています。


アルコン® エクスプレス®緑内障フィルトレーションデバイスを用いた 手術方法

SLTレーザー   1.結膜および強膜と呼ばれる白目の部分を切開します。
2.
針で眼内へ穴をあけます。
     
SLTレーザー   3.アルコン® エクスプレス®緑内障フィルトレーションデバイスを眼内に挿入します。
     
SLTレーザー   4.挿入後、切開した強膜を閉じ、結膜を縫合します。
     

  ページトップへ
 
緑内障とは
緑内障は、日本における失明原因第2位の病気です。眼の中を絶えず循環している水(房水)の流れが悪くなり、眼の中にたまりすぎて、眼球内の圧力(眼圧)がたかくなって視神経が圧迫され、徐々に神経が弱り、見える範囲(視野)が狭くなります。緑内障疫学調査(多治見スタディー)によれば、40歳以上の17人に1人が緑内障の潜在患者と報告があり、最近では、強い近視の方の3〜4割は緑内障と診断されています。その8割以上が正常眼圧緑内障であり、全国の患者数は推定約400万人と言われています。
遺伝が関係している場合が多く、家族の方も眼圧の確認が必要です。
自覚症状が出るのは中期から末期で、ほとんどの方は気付かないまま過ごしています。 近年、眼圧が正常でも緑内障を起こすことが分かり、眼圧検査だけでなく、自覚症状が無くても視神経の検査や視野検査を受けることが、早期発見・早期治療につながります。

OCT OCT…網膜部分の構造を断面図で測定します。(国内でまだ200台しかありません)
遠視、近視共に緑内障にとっては危険因子です。自覚が出る前に緑内障を発見すること、つまり視神経乳頭、隅角の変化をみつけることが重要です。新しい「OCT」検査で早期に発見し治療しております。
ハンフリー ハンフリー視野検査…目の見える範囲を測定します。
コンタクトやメガネ処方、結膜炎など他の病気で受診された際にも緑内障の危険因子を見つけ早期発見に務めています。定期検診の必要性をご理解いただき、視力の自信のある方でも、特に40歳以上の方は1〜2年に1度は眼科検診を受けてください。
 
先天性緑内障
生まれつき隅角に発育不全があり、房水の排出が妨げられるために起こる緑内障で、乳児の時に見つかります。黒目がとても大きいのが特徴で、1〜2歳までに手術を行わないと失明します。
早期発見・早期治療が必要です。
 
続発性緑内障
炎症や外傷など明らかな原因により起こる場合と、糖尿病による出血、他の病気の治療で使うステロイドホルモンの長期使用などで起こる場合があります。
点眼や手術で治療します。
 
原発閉塞隅角緑内障
虹彩が隅角に接触するために起こる緑内障で、隅角が完全に閉塞することにより、房水の排出が止まるため、急激に眼圧が上昇する症状です。50歳以上の女性で遠視の人に多く見られます。
早めに白内障の手術をすることで結果的に緑内障が治ります。
 
原発開放隅角緑内障
繊維柱帯とその奥にあるシュレム管と呼ばれる場所が目詰まりをおこし、うまく房水が流出されないために眼圧が上昇する症状です。隅角が見かけ上、開放されているのに視神経が障害される緑内障であることを意味しています。
点眼やレーザーで治療できます。(痛みの無い特殊なSLTレーザーです)

急性緑内障と慢性緑内障
鈍い眼痛、頭痛、吐き気を伴う急性緑内障では、その状態が3日続くと30〜50%の割合で失明します。
数十年かけてじわじわ進行する慢性緑内障では、年々視野(見える範囲)が狭くなり、人や物にぶつかったり距離感がつかめなくなります。放置すると、やがて失明する場合もあります。
  ページトップへ
 
治療の流れ
1.手術前の検査 2.点眼麻酔 3.切開 4.房水の流れをよくする 5.緑内障手術終了 6.緑内障手術後の診察
 
1手術前の検査
初診はいつでも受け付けますが、術前検査は予約制になっております。
詳しい検査を行いますので、1時間半程度要します。胸部X線、心電図、採血検査も行います。
 
2点眼麻酔
麻酔は目薬をさす要領(点眼麻酔)と同じ。麻酔の注射をしないため痛みがなく安全です。
心地よいBGMを聴きながら手術を受けていただきます。
 
3切開
房水の流れが悪い部分を切開します。痛みは感じません。
 
4房水の流れを良くする
切除や切開によって房水の流れを良くしたり、新しく房水の流れる通路を作ることで、眼圧を下げます。
 
5緑内障手術終了
当院では入院は不要です。手術後10〜15分で帰宅できます。
手術が終わったら翌日から眼帯なしで普段の生活に。
(洗顔、洗髪、化粧は通常7日目から可能。念のため医師の許可が必要です。)
車の運転は目が見えにくい場合がありますので、医師にご相談ください。
 
6緑内障手術後の診察
長期的な管理が必要で、数年後には追加手術になる場合もあります。こわい病気だと思われていますが、定期的に検査を受けて、早目に必要な処置を受ければ予防できます。緑内障を放置すると失明に至る上、治療に成功しても現状を維持することにとどまるので、当院では早期発見・早期治療に力をいれています。
 
 
トップ ページトップへ
    求人情報 | リンク | サイトマップ | プライバシーポリシー
     
 
医療法人コスモス会 フジモト眼科 フジモト整形外科 美容皮膚科・アンチエイジング コスモスクリニック
  Copyright (C) THE FUJIMOTO EYE CLINIC. All Rights Reserved.
   
文字サイズ
小 中 大
求人情報
フジモト眼科レーシック
無料説明会
資料請求・お問い合わせ
眼の未病・予防 Q&Aシリーズ